ひろしの育児メモ

@Hiroshi_is_papaのブログ。Twitterに書ききれないことを書きます

#2 2019-07-31 12:22 

私と妻の両親は近所に住んでいません

両親は片道3時間程度のところに住んでおり、隙あらば娘を見ようと連絡してきます(さすがに「来ちゃった」は今のところ無いです)。親孝行にもなるし、娘を見せるのは嫌では無いのですが、頻繁にこられると、そこまで育児に慣れていないの我々は疲弊してしまいます。

そこで、娘の写真を親にたくさん共有して、娘に会いたい気持ちを和らげようという作戦を実行しました。結論から言うとあまり意味はなく、むしろ親の会いたい欲が高まったような気がします......

さて、タイトルにもあるように娘の写真を家族に共有するアプリとしてGoogle フォトを採用しました。対抗はみてねというアプリです。

Googleフォトが良いと思った点

  • URLだけで共有できる(アプリ不要)
  • AIが自動で写真を追加

意外と少なかった。妻に説明するため一応主要な機能の比較もしていますが、やっぱりGフォトは上記の点がつよい。

 Gフォトみてね
見る方法 Web, アプリ アプリ
写真追加 AI自動, 手動 手動
動画の長さ 数時間くらい(10GBまで) 無料3分, 有料10分
有料プラン なし ¥480/月
運営企業 Google mixi
アップロード制限 なし なし
コメント

大きくはこんなところ。その他、Gフォトはアシスタント機能によって自動的にムービー、成長アルバム、コラージュなどを作ってくれたり、みてねは1秒動画、自動提案フォトブックといった機能があったりします。その辺は私はあまり重要視していないのでスルー。

Googleフォトの設定方法

最後にGoogleフォトの設定方法についてよく聞かれたり、「設定して!」と言われたりするので書いておきます。Gフォトはこの設定方法の難しさがちょっとデメリットかも。ちなみにAndroidスマホ用。AI用に写真を指定→アルバム作成→シェアURL取得、という流れ

  • Gフォトを起動
  • アルバムタブへ移動
  • 人物とペットへ移動
  • 赤ちゃんの写真を指定
  • 赤ちゃんの名前をつける
  • アルバムタブにもどって新しいアルバムを作成
  • 人物やペットを選択からさっきのつけた名前
  • 最後にアルバムの共有。アルバム右上から共有を選択
  • 共有用URLをゲット!

これで撮った写真と動画が自動的にアルバムに自動追加されます。とてもらくちん。写真を追加するにつれて、AIが学習して精度が高くなっていくのもすごい