ひろしの育児メモ

@Hiroshi_is_papaのブログ。Twitterに書ききれないことを書きます

#3 2019-08-01 20:14 

赤ちゃん教室とは

役所が運営していて、子どもが1歳になるまで参加できる。約1時間半。悩み相談や、親どうしで情報交換できる。今回初参加、10組ほど集まったが父親は私だけ。肩身が狭い気もするけど気にしない!むしろ全部の回に参加しようと心に決めた。

今日のトピック

  • 離乳食について
  • 親同士の情報共有

だった。親どうしの情報共有は「寝かすのに時間がかかって」とか「泣き止まない」とかTwitterでよく見るものだった。今回このブログでメモっておくのは栄養士さんから説明された離乳食について。資料はなく口頭での説明だけだったので必死にメモした。以下メモ:

栄養士さんから説明された離乳食メモ

離乳食について

  • 離乳食とは固形物を食べる練習。しっかり座れるようになったら開始
  • 5ヶ月〜1年半、個人差が大きい
  • 1年半まで胃袋のサイズは変わらない(200ml)
  • 固形物だと回数減る
  • 哺乳反射:乳を飲むための反射のこと、舌で押し返すやつ

期(後で調べる)

  • ゴックン期
  • パクパク期

食べさせ方

  • 旨味、甘みは本能から食べる
  • お粥から。お粥は受け入れやすい、スプーン練習
  • 苦味、酸味は自然界では毒なので受け入れにくい
  • 食べなさそうなマズイものでも、笑顔でやさしく、美味しく出す
  • 手づかみ食べをしっかりさせる。脳の発達にとても良い。少しづつ。
  • あまり怒らず、食べ物に良いイメージを持たせる
  • 親が向かいで食べてる様子を見せるのが良い刺激になる。モグモグする

目的

  • 初期の目的:スプーンに慣れさせる、いろんな味で味覚を広げるため
  • 後期目的:胃袋を満足させる

食べさせるもの

  • 本能的に受け入れる甘い食べ物を出しがちなので、色々たべさせる
  • 糖分は赤ちゃんあまり分解できない、負担がかかる
  • ヨーグルト、ジュース出しがち。糖度が高い。
  • プレーンヨーグルトで始める。あるいは少し果物潰したもの。酸味が強いのを控える
  • バナナは使いやすいが食べさせすぎない
  • タンパク質はあと。柔らかいのから。豆腐→ささみ
  • 腸内環境は2才までに何を食べるかで決まる。ヨーグルト、納豆とか良い

水分

  • マメに飲ませる
  • ジュースは毎日はやめる。ときどき
  • 甘いアルカリイオン水も多用しない

栄養

  • 産後のお弁当の鉄分が無くなっていく(酸素欠乏)。
  • 7ヶ月以降は積極的に鳥レバー、週1くらい
  • ビタミンA取りすぎると良くない
  • 新鮮な鳥レバー、ハツはダメ
  • 作り方:2、3枚にスライス。20分水につけるを3回。20分煮てペーストにする。冷凍作れば月1。

姿勢

  • 横抱きから、自立した座りまで。足の裏がしっかり着くように。

NG

  • ハチミツ、カフェイン(お茶系)、水道水、冷たい水アレルギー危ないのでひと口ずつ。

その他

  • 最初はあまりペースあげないほうが良い。消化能力が弱い。裏ごしは最初の一週間、その後はツブを感じさせる
  • 離乳食はじめさせる前はおっぱい間隔をしっかり開ける。喉乾いたら見ず飲ませる。胃袋をうごかす。
  • 不明点は区役所に聞く

離乳食の時期になったらよみかえそう。というか資料クレ...。あとお約束:上記は個人のメモです。このメモによって何かが起きても責任を負えませんので、個人の判断のうえ参考にしてください。