ひろしの育児メモ

@Hiroshi_is_papaのブログ。Twitterに書ききれないことを書きます

#9 2019-08-18 19:28 

質問

2人目が生まれたのですが、相変わらず主人が休みの日は寝てたらケータイしてる方が多いです。どうしたら意識改革してもらえますかね?

回答

ご質問ありがとうございます!

まずは二人目のご誕生おめでとうございます!嬉しい悲鳴と共に、育児の大変さが増す恐ろしさで不安になりますね。

旦那様の意識改革ですが、二人目が生まれた今がまさにチャンスだと思います。どの程度旦那様が家事育児をされているか分かりませんが、ほとんどしていない前提で進めます。

まずは、旦那様の気持ちを理解することが大切です。おそらくですが、旦那様は平日は働いていて、「休日くらいは自由にゆっくりしたい」思っているのではないでしょうか。

私は個人的に、仕事より24時間365日の育児の方が大変だと感じているのですが、そちらの現状を鑑みるに旦那様はそうは思っていないでしょう。

そこで、NGなのは「二人目が生まれたから育児手伝って!」と言うことです。そうすると旦那様は反射的に「ウッ(育児ってなんかすごく大変そうな響き)!俺は働いてるじゃん!ヤダ!」となり、言い合いなどに発展してしまう可能性があります。

前置きが長くなりました、そこで個人的に提案するのが「二人目が生まれたことを理由に、小さなことを少しずつ手伝わせる」ことです。人間は漠然としたもの(この場合、「育児」という単語)に恐れをいだくものです。なので、理由と作業が明確になっていて、それでいてその作業のハードルが低ければ旦那様も対応してくれると思います。

その後、旦那様の意識が変わって自発的に動くようになる…のは難しいかもしれません。その現状から、簡単なことをから少しでも手伝ってくれるようになれば儲けもの、程度に考えたらよいと思います。

さて、お願いする作業にも注意が必要です。いきなり「面倒見といて!」、「寝かしつけよろしく!」、もウッとなってしまいます。

育児関連は難しいと思うので、まずは食事前のテーブル片付け、食事後の食器移動、クイックルワイパー、風呂掃除、ごみ捨て、など、既存の簡単な家事をお願いできるようにすると良いでしょう。

そして手伝う、ということが習慣づいたら、次のステージとして育児関連もお願いしたら良いと思います。

長々と回答してしまいましたが、参考になれば幸いです。

その他、なんでもご質問お待ちしてらおります!